• ホーム
  • Googleからペナルティを受けたらどうすればいいのか

Googleからペナルティを受けたらどうすればいいのか

Googleではペナルティが用意されていますが、Googleが定めている品質に関するガイドラインに沿っていない時や、違反をしている時にWebサイトに課しています。ペナルティという語句よりは対策やアルゴリズムとして表記されていることが多く、この対象となると検索結果の検索順位が下がってしまったり、インデックスから削除される場合もあります。また検索結果には全く表示されないケースも見られ、検索エンジンからの流入も無くなります。
ウェブサイトへの集客もありますが、申し込み・問合わせや売り上げにもかなり影響してきます。リンク削除もありますしSearch Consoleにとっても、Googleペナルティは避けたいものの一つです。何が違反対象になっているのかや、ペナルティを受けてしまった原因を理解することで今後の役に立ちます。Googleの品質に関するガイドラインに記載されているのは、サイト・コンテンツを作る時に使ってはいけない手法です。
それはリンクが独自性のない質の低いコンテンツで、ユーザーにとって価値のあるサイトを掲載することが望まれています。内容が似たようなものばかりが検索結果に出てくるかのせいもあり、ユーザーが欲しいと思っている情報を得ることができなくなってしまいます。自動再生されているコンテンツや他のサイトから無断コピーされているようなコンテンツ、商品説明や内容をコピーしたような独自コンテンツと思われるアフィリエイトサイトなどが対象になります。手動ペナルティを解除する場合は原因をまず探し、スパムなどの問題点を直していきます。
再審査として、Googleにサイトを確認してもらう再審査リクエストを送信していく必要があります。Googleに対してサイトの内容で何が問題なのかを、Googleから届いているスパムメッセージで確認します。Search Consoleは独自のサイトのどの部分を問題視しているのかを、メッセージから確認し直しリンク削除も解消していきます。自動ペナルティは独自の方法で解決することができますが、手動ペナルティはこのような再審査リクエストを届ける必要があります。
自動ペナルティに関しては不自然なリンクがないか、もう一度確認した上で、それに該当している時はGoogleに問い合わせをします。検索エンジンからの流入はとても難しいことですが、自動ペナルティ受けることがないようにしていきます。

関連記事