• ホーム
  • 過去に行った主なGoogleアップデート

過去に行った主なGoogleアップデート

コーヒーを飲むながら、パソコンを使用する男性

モバイルフレンドリーアップデートは、Googleアルゴリズムアップデートでも取り上げられています。ユーザーエクスペリエンスをもとにして、サイトをモバイル端末で使用するユーザーに、使いやすさや見やすさなども提供し、ユーザーエクスペリエンスを良い状態にすることを示します。
モバイルフレンドリーアップデートが実施されるようになった理由は、Googleの検索をするときに、モバイル検索やパソコン検索が同等ではないケースがあり利用者も増えたからです。ペンギンアップデートなどのモバイルから検索しているユーザーが増えるに従って、モバイル検索結果画面にてGoogle検索を行えば、モバイル対策をしているコンテンツを上位にできるという意見からの行動になります。パンダアップデートの更新頻度は、さらにモバイルフレンドリーアップデートが強化され始めてからで、モバイル対策の大切さが重要視され始めました。
Googleアルゴリズムアップデートは追加されている、ペンギンアップデートを含めてページスピードによるアップデートも行なっています。ペンギンアップデートやパンダアップデートはSEO対策において、サイトがブラウザに表示される速度のことを言います。素早く表示されることを軽いサイトと呼んでいますが、表示されるのが遅くいつまでたってもサイトを見ることがない場合を思いサイトと呼んでいます。Google検索では軽いサイトが良いということで、ランキングシグナルには組み込まれます。
更新頻度も上がりこのタイミングで、モバイルの表示速度が順位に影響するアルゴリズムに組み込まれたことが大きな波紋を呼んでいます。Googleがモバイルから見るユーザーにとって、使いやすいサイトや見やすいサイトは早い方が良いと判断しています。モバイルでフレンドリーアップデートは、正式に導入されていないアルゴリズムとして存在していました。しかしこの発表は導入時期も知らされていない状態で、アルゴリズムとしての認知度だけは高まりつつあります。Googleから発表があると、モバイルフレンドリーアップデートの影響の強さを知ることになります。
どのような対策をとったり、踏み込み入れるのかを考えながらさらに更新頻度を上げていきます。わかりやすく説明することも大切ですが、まずはトライして見てわからないことがあればリポートなどを確認する方向が一番手順良く対応できます。

関連記事
人気記事一覧