• ホーム
  • 今後のGoogleSEOに向けての対策とは

今後のGoogleSEOに向けての対策とは

コンテンツSEOの中で特別なのは徹底的にユーザーファーストになることで、ユーザーが満足するためのサイトを作り価値の向上をする必要があります。独自性も大切ですが表示速度の改善や、拡散性の高いコンテンツを制作することでユーザーに共感をしてもらいやすくなります。キーワードの洗い出しは戦略的に行う必要があり、ユーザーファーストが大前提になりつつあります。
対策のテーマは検索エンジンではなく、ユーザーに満足してもらうためということです。表示速度が速いサイトはGoogleに好まれるのではなく、ユーザーがストレスを抱えることなくサイトを閲覧できるという考え方が基本的に正しくなります。コンテンツSEOは拡散性が高いコンテンツは、比較的被リンクが集まりやすい性質があるのでGoogleからの高評価がつきやすいと言われます。しかし、拡散性の高いコンテンツがユーザーに共有されやすい傾向にあり、自分のコンテンツをたくさんのユーザーに届けることができるという意識改善が大切です。
WebページではコンテンツSEOなどが基本的に必要ではなく、検索エンジンよりもユーザーを優先することが大切という観念があります。検索クエリはキーワードの種類によりますが、検索クエリだけのための検索意図ではなくユーザーのためになる施策という独自性を持つことが大切です。外部対策として、検索クエリや検索エンジン最適化・ユーザーニーズ最適化などに移り変わりつつあります。検索意図はユーザビリティを追加しながら、検索エンジンからの評価を得るようにします。これはテーマを追求することも大切ですが、ユーザビリティの獲得やGoogleSEOも常に改善されています。
ユーザーにとってわかりやすいものは、Webページや内部対策にとってもわかりやすいことが言えます。これが検索順位で適切な評価を受けやすいため、自然なリンクを増やすことで解決します。外部対策と内部対策はユーザーの期待に応えられるようなコンテンツを目指すための指標で、GoogleSEOの観点からも見ることができます。これらのサービスを使ってアクセス状況などを確認し、気になるサイトのURLを検索窓に入れるだけで、アクセス数が上がるケースもあります。流入数やその内訳も大切で、数値や内訳の情報が正しいものだけではないことを知っておくことが大切です。検索し流入していたユーザーが、気にいるようなコンテンツを作ることが基本となっています。

関連記事