• ホーム
  • 中古ドメインはGoogleアルゴリズム更新の影響を受ける?

中古ドメインはGoogleアルゴリズム更新の影響を受ける?

パソコンを使用している女性

Googleアルゴリズムはユーザーエクスペリエンスというユーザーの利便性を考えた、サイトの質が良いものだけを上位表示することにしています。
これは公式にも挙げられていることで、ユーザーに最も焦点を絞れば全てのものがついて来るという理論です。
Googleは中古ドメインを使うことは問題ないですが良質ドメインやサイトの質などをよく見ており、SEOの関係からも順位に影響してきます。
中古ドメインは以下のようなメリットを持ちます。

中古ドメインの最大のメリットは何と言っても「ドメインパワー」を持った状態でホームページを開始することが出来る点です。 ドメインパワーが蓄積された状態というのは、コンテンツインと同時に検索上位に表示できるような状態の事を言います。

引用元:アクセス中古ドメイン | SEOに最適な中古ドメイン販売

一般的なガイドラインで記載されていますが、中古ドメインなどに沿ってサイトを作成すると、それを認識しインデックスに登録します。
上位表示などのランク付けをするプロセスをスムーズに行うための手助けとなり、一般的に見ても有利とされています。
Googleアルゴリズムは常にアップデートされているので、良質ドメインを使用したり中古ドメインも見極める対策が必要です。
Google自体がサイトの質を見分けたり、ページを検出できるような手助けが必要でユーザーとの関係で利用しやすいように行います。
検索エンジンから見て分かりやすいページを提供することは、ユーザーエクスペリエンスを考慮していくポイントになります。
これはSEOの場面から見ても大切で、GoogleはビジネスでMサイトの使いやすさを順位に影響させないと言われます。
広告の情報や隠したい部分などを管理してみると、ユーザーエクスペリエンスはサイトの使いやすさとも言えます。
検索ランキングを決める要素ではないものの、今でもこれが他のコンテンツよりも大切にされていることはありません。
ユーザーエクスペリエンスはGoogleでも特に話題に上っていますが、SEOの要因とも言えるコンテンツと比較することも出来ます。
この後に検索アルゴリズムでランクインをすると発表されていますが、大きな変化ももたらされています。
ユーザーエクスペリエンスはユーザーが体験することを意味しており、サイトを利用すると感じることもあります。
使いやすいサイトやサイトのデザインが見やすい時もありますが、気になっている情報をすぐに見つけることが可能なものもあります。
サイトの動線がよくなっていて、これらの感想はサイトを利用した人にしかわからない体験の部分です。
ユーザーが得る体験をユーザーエクスペリエンスと呼んでいて、良い感想であればこれが優れていると言うように使っています。
逆にユーザーエクスペリエンスが良くなかったとも言えます。

関連記事
人気記事一覧