• ホーム
  • ホワイトハットでもペナルティを受ける現在のSEO事情

ホワイトハットでもペナルティを受ける現在のSEO事情

パソコンの画面にあるグーグルのアイコン

Googleなどの検索エンジンからの評価を高める一方、検索結果にて評価を得て上位表示されるようにする施策のことです。これに対してコンテンツに訪れるユーザーを増やすことができ、さらに質の高いコンテンツということで順位も上がります。サイトの質や内部対策を改善することで、ただし手動対策を行なっていきます。
これはホワイトハットになりますが、システムの隙を見つけ、自演リンクや複数人で一緒に順位を上げようとする施策を行うことを、ブラックハットと呼んでいます。これはネガティブSEOとも呼ばれていて、ユーザーに対して良い検索結果を提供する目的には反していることが特徴です。具0グルは常に検索アルゴリズムを更新しているので、正しくない手順で検索順位を上げようとしているブラックハットを見つけ出すことでペナルティを与えます。しかし最近はそのブラックハットの手口も巧妙になり、技術が上がるにつれて経験も増えるのでさらにハイテクな方法でブラックハット対策を行なってきます。
少し見ただけではブラックハットだと気づかないほど巧妙な手口になっているので、より複雑な検索アルゴリズムや人工知能などを投入するまでになっています。検索アルゴリズムで巧妙な手口のブラックハットを見つけ出す方法を選んでいるため、ブラックハットを行なっていないホワイトハットにまでペナルティを受ける影響が出始めています。ホワイトハットで常に検索アルゴリズムを意識しながら真っ当にコンテンツを作ってきたのに、なぜかペナルティの対象になっているケースはこのような理由が挙げられます。
ネガティブSEOを行なっていることで得をしているブラックハットが原因で、真っ当な対策で稼いでいる人たちに影響が出ます。原因は広告を減らして見たり、過去の記事をリライトしたりたくさんあった記事を少し減らして見たりという変化をつけて見ても自演リンクは貼っていないので、対処には限界があります。手動対策を試みることは良いことですが、検索エンジンにまで影響してくることが問題となります。ここにも変化が出てきており、ブラックハットをしている方が得かもしれないと考える人も出てきます。
ホワイトハットでコンテンツを作っている人は、様々な方法で改善していくことが大切で検索アルゴリズムを意識しながら行なっていく必要があります。常にアップデートしていることから、それをフォローしていくこともコンテンツ作りの一環になってきています。

関連記事
人気記事一覧