• ホーム
  • コアアルゴリズムアップデート後のサイトの影響

コアアルゴリズムアップデート後のサイトの影響

医療健康など多くの企業からの案件があり、トップページ・サイト案内など難易度が高めのキーワードで順位下降してしまう可能性もあります。これは基本的にビッグキーワードで関連性が弱いものばかりです。検索キーワードに対しては的確な答えを返しているページを作ることが目的で、検索キーワードに関連性が高いコンテンツだけを掲載しているページがポイントになります。
関連性が高いページのサイト内リンクを増やすことで、低いサイト内リンクを減らすと必然的に順位上昇を期待することができます。多くのケースで医療健康などの順位変動が行われていますが、大きな問題としてもWebサイトでの関連性が低いことから起こります。コアアルゴリズムアップデートはスモールキーワードなどで、順位下降するケースも見られます。
コンテンツに対してキーワードの順位下降だけであれば、サイトのアクセス数には最も影響がありません。しかし、スモールキーワードの順位下降が見られると、そのコンテンツに対してGoogleからのアクセス数がほぼなくなります。検索結果のページからWebサイトに行く流入を示しているサーチコンソールの中に、検索パフォーマンスが見られることもあります。Googleからのアクセス数は順位上昇に伴って減少し、9割近くものアクセス数が消滅していることも言えます。
今まであったアクセスは激減することで一桁のユーザーしか来なくなりますが、Google場では検索キーワードとの関連性が低いと判断されての結果になっています。コアアルゴリズムアップデートはGoogleでも公式発表されていますが、検索キーワードとの関連性が高いほど順位が上昇し、関連性が低いほど順位が下げられる方式になっています。
これに沿ってコンテンツを作成することで、余計な対策をとることもなくなります。様々な種類のキーワードがあり、それについて説明があります。文章の中にはひとつだけその単語が含まれているとすれば、Google場では沢山のWebページの中からその単語についてのものを取り上げ上位表示させます。これらが上位表示されることにより、今まで上位にいたコンテンツは自動的に順位下降となり、検索結果から見えにくくなるケースがあります。これらは全てコアアルゴリズムアップデートにより行われていることなので、コンテンツを作る際にはアップデートを意識しながら順位上昇を行えるようにします。

関連記事